しじみとあさりの違い、知ってる?

しじみと梅干しには相乗効果があるって本当?

しじみは「肝臓に良い」「二日酔いに効く」食品としてあまりにも有名ですね。しじみには肝臓の働きを助けるオルニチンが豊富に含まれているからです。

オルニチンは体内に摂取されると血液中に溶け込んで全身を巡ります。そして肝臓の機能である身体にとっての有害物質を分解し、体外に排出する機能を助ける作用があるのです。そのため、飲みすぎたときにしじみを食べると二日酔いから早く回復するといわれるのです。

しじみにはオルニチンの他にもアラニンやタウリンといった元気のもととなるアミノ酸も同時に含まれています。アラニンは肝臓のエネルギー生成を助けて肝臓の解毒機能をより強化してくれますし、タウリンは胆汁の分泌を促して肝臓機能を向上してくれます。また、しじみ汁で一緒にとれる味噌にも肝臓の機能を助ける栄養素が含まれています。以上のように二日酔いの朝にはシジミのみそ汁を飲むのはとても理にかなった対処法なのです。

一方で、しじみと一緒に梅干しをとると二日酔いに効くともいいます。梅干しにはクエン酸とピクリン酸という成分が含まれています。これらはいずれも肝臓の解毒機能を助ける効果があります。しじみと梅干しの組み合わせは肝臓の機能を向上させて、体内に残ったアルコールの分解や排出を助けるベスト食材といえます。二日酔いの朝にはしじみ汁は定番ですが、しじみでとっただし汁の温かいにゅうめんに、しじみと梅干しをトッピングした胃腸にもやさしい食事はしじみ汁以上に二日酔いに効く最強の朝食です。