しじみとあさりの違い、知ってる?

肝臓の働きとオルニチン

オルニチンは肝臓で働くことで知られている成分の一つです。アミノ酸の中でもヒトの身体で生成される非必須アミノ酸の一種です。食品では蜆に多く含まれています。蜆以外の食品では、キハダマグロやヒラメなどの魚介類やチーズ、パンなどにも微量ですがオルニチンは含まれています。

最近、健康に優良な働きをしてくれていることで注目されているオルニチンについてご紹介します。オルニチンは摂取することで血液に溶け体内を循環する「遊離アミノ酸」と呼ばれる成分として機能します。一般的にアミノ酸は血液中に入るのではなくタンパク質の中で作用しますがオルニチンのがもつ遊離アミノ酸は血中に入り体中を循環しながらアミノ酸の代謝を活性化させる役割も担っています。遊離アミノ酸にはオルニチンの他、血液の流れをスムーズにする「シトルリン」の2種類があります。オルニチンの場合は肝臓での働きを中心に機能します。肝臓で生成されるアンモニアの解毒を行い肝機能の代謝を上げていきます。身体の中でも大変重要な臓器です。

ヒトの血管には動脈や静脈そして門脈という肝臓に栄養素を運ぶための血管がありますこれら血管は一旦血液を肝臓に集めます。肝臓に集められた血液は有害物質がないかチェック機能が働き物質交換が行われ大静脈となり心臓に運ばれていくメカニズムとなっています。

肝機能の低下はお酒だけではなく、ストレスや生活習慣によっても大きく影響を及ぼします。現代社会においてこれらの物から逃れることは難しいですよね。そのため、オルニチンのように肝機能を向上してくれる成分は大変重要なのです。