しじみとあさりの違い、知ってる?

ターンオーバー

貝の仲間であるしじみはお味噌汁や酒蒸しなどで食べることの多いなじみのある食品ですが、意外にも栄養的に優れものなのです。

じじみはアミノ酸が豊富です。美味しいだしの出るグルタミン酸にアスパラギン酸、アラニン、ロイシンン、リジン、トリプトファン、オルニチンなど、全部で18種類あります。ビタミンはB2をはじめ10種類、無機質はカルシウムやカリウム、鉄など6種類も含まれています。タウリンも、シジミには含まれています。これは肝臓を強くして、血液をサラサラにする効果が期待できます。

しじみの栄養分であるオルニチンを摂ることでどんな効果が期待できるでしょうか。代表的なのが、肝機能を高めることです。アンモニアを解毒して、体外へ出す働きもあります。疲れやすい体を改善して、エネルギー共有率が上がります。新陳代謝を活発にする効果も期待できるため、活発に活動してカロリー消費が増えることでダイエットがしやすくなります。体温も上昇して、ウツの予防になります。

古い肌から新しい肌に生まれ変わる周期を、ターンオーバーといい、オルニチンが促進することでくすみやシミ・ニキビ・吹き出物のない、美白効果や美肌効果が期待出来てアンチエイジングになります。さらに、アミノ酸の保湿効果でモチモチ肌になれそうです。肌とともに頭皮も活発になり髪や、爪にツヤが出てきれいになるでしょう。しじみ料理で毎日摂りたいところですが、飽きてしまう前に、しじみサプリメントを利用しませんか。